聖夜のメッセージ

0

    「高価だったけど木の時からすぐに買いました。

    やっと今日新しいのを見つけられました。」

    弊社のブラシ第一号機が歩みだしたのは13年前の冬、ちょうど今頃になる。

    あれから4世代目となる現在のアルファを探し求めてたどり着き

    「これなくしては仕事ができないのです。」とお電話で。

    製品名も商流形態も当時とは違うため探すのに一苦労があったようで。

     

    心温まるメッセージとして胸の奥にたどり着いた。


    無関心の功罪

    0

      真珠湾から74年余りになる。この大戦を通してしっかりと理解しなければならない多くの『戦争の理由』について、大量の公文書の公開、秘録の数々、証言記録などが国際的にも一般市民のレベルにまで到達されるようになってきて久しくない。
      読み重ねる内に感じた恐怖は、かの大戦の背部で暗躍した共産主義による革命プロレタリアート。
      思想、信教信仰の自由、人権とそれらを尊重する憲法と国体などに包まれた世代にとって、マルクスレーニン主義はよその国の社会活動に過ぎないという無関心の中に埋もれている。
      資本主義経済は完全ではない、だが共産主義社会も完全ではない。「人間」がそれを織り成す上で共通するのは、どんな社会格差がうまれて民衆の不満が暴発寸前だとしても、自由と人権を抑圧される事は人が欲するところではない。だとすれば世界中で社会主義国が崩壊するようにたとえ資本主義経済が問われる現代においてもまだ資本主義経済の方がマシだという事になる。つまるところそんな微妙な安堵感に入り込みやすい革命思想なのではないか。民衆の不満に賛同し、擁護し、戦争に持ち込み、経済力を疲れさせる。そして乗っ取る。不安を抱えた人に寄り添いいつのまにか集団の中で生き甲斐を感じさせるカルトに似たもの。殆どの民衆が陥りやすい事を知り尽くしている。そういうと言いすぎだろうか。殊に『自由』を叫ぶ集団ほどまさにそうではないか。
      あの大戦で勝利したのはアメリカではなくソヴィエトだった。の一文が焼き付いつて離れない。


      働くこと 給料

      0

        人材を確保し、育成するために
        給料の算定額をどれくらいにするのかを
        労働の内容や質量で左右されるのはよそうと思う
        給料に見合った労働を期待するあまり、
        その金額で一人格そのものを買い取った事と同じ感覚ではないかと思えてくるからだ
        算定額の価値は彼そのものの価値ではない。

        彼の尊厳は図れない。私とて同じことだ

        彼は奴隷ではない 彼の労働に感謝するから給料を贈る

        そう、贈り物で彼の生活を支える それがいい
        そもそも、労働は社会全体のため、ひとさまのため、

        そうやって支え合う仕組みの中で一要員として参画している

        実は働くことと算定額は別の視点で考えることかもしれない

        でなければ一向にしてお金のためだけに働くことがまかり通る世の中になってしまう

        たとえ世の中がそうであっても私には背負いきれない仕組みだ

        仕事とはひとさまのために働く事 実にわかりやすい「働く」というテーゼ

        いいもの作ってくれてありがとう 素敵なサービスありがとう

        おいしかったありがとう 素晴らしかったありがとう

        いろんなありがとうで支えられて成り立つ社会
        そこに私も彼も何の違いがあるものか 

        その労働は誰のために役立っているのか

        それが役に立っている感動をまずきちんと伝えることが先だろう

         


        必要性と採算性

        0

          『この製品でなければ仕事が成り立たない』

          ものづくりの冥利に尽きる言葉をいただいた。

          弊社では超高額製品の一群にある製品を4台も購入される

          にはそれほどの採算性が製品価格に勝るということになる。

          マイノリティーだがその声にこたえたくて開発した製品は

          その瞬間に確かな息吹を上げる。

          Avalon light アヴァロンライト 

           


          未決

          0

            残忍で悍ましい犯行に及んだ犯人たちへの憤り

            司法判断の言いようのない憤り

            私でさえ10年を経ても区切りがつかない

            親御さんのことを思えばなお一層やるせない

             

            故磯谷利恵さんの魂に安らぎを

             

            身近に発生したこの事件は

            屈折した人間の犯罪をさらに歪めた

            液晶に浮かぶ乾いた文字の呼びかけだけで

            輩が集まり魔の人間関係が成立した

            その恐ろしさはそれだけでとどまらない

             

            いま生きているこの社会にその恐ろしい仕組みが

            増え続けている現実がある

            それでも司法の刑罰観はこのままでいいのだろうか

            残されたご家族は文字通り・・・・といってもお母様お独り・・・・

            司法判断とはかけ離れたところに取り残されたままにも思える

            犯罪学者ではないけれど

            どうしても合点がいかない

             

             

             

             



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode