開眼

0
    『剥離作業の主役は剥離剤です。ZAKもヒートホークも主役を引き立てる脇役に過ぎません。剥離作業は固体物を液体に代謝する作業ですから我々は寧ろ液体化した汚水を回収する事が主たる任務になるわけです。ヒートホークとZAKはその主たる任務負担を軽減する攪拌という新しい考え方に根ざしています。』
    EXPOに初出展した弊社ブースに来訪されたある社長にそう話しました。実際には20分近く淡々と話したと思います。何度も深くうなづかれるので私も調子づいた感はあるものの。
    すると社長は『私はこの仕事に就いて28年になります。全て剥離作業で弊社は剥離専門業者です。』
    なにがしかお叱りがあるのかと思いきや、
    『まさに先生(すかさず先生を否定)の仰る通りで剥離剤を使いこなせばポリッシャーなどは不要、この20年来管理物件の剥離でポリッシャーを使用しません。』と。
    噂では聞いていたものの、もっともお会いしたかった方の一人についに会うことができた。
    『剥離剤を使いこなし汚水化したものを回収する、私らの仕事はきわめてシンプル。何倍のどれくらいの量の剥離剤が何層のワックスを除去できるのか、どれ位の時間を必要とするのか全て把握し、くるいなく施工するのがプロとして私達が自負するところです。ただ施工履歴のわからない現場があり、そういう現場に対しては先生(即否定)のお話しは実に興味深い。』
    社長のお顔が紅潮していた理由がわかった。
    『今日、展示会に足を運んで一番の収穫でした。来てよかった。』
    固く握手され恐縮しきり。
    すごい人がいるものだ。

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode