Q援隊

0

    改めて製品についてこの場で触れるのは、或いは余りに誤解があるかも知れないと感じたから。
    つい先日、熊本の災害復興の関連からQ援隊が導入されたとの報せを受け
    大変お役に立てているようで心から嬉しく感じた。
    あってはほしくない災害だが、インフラが被害を受け、家庭の水道から水が出なくなることがある。そんな時「水源確保」は優先課題のひとつ。無論飲み水ではないにしても生きる上で食料と等しく不可欠だ。
    家庭用配管とは別に私設消火栓は頑強な配管で別に確保されている事をどれくらい認知されているだろう。農地用水路の消火栓も含め貴重な水源路がそこにある。当然災害規模によるのだとしても消火栓の大きな構造物を見て水を連想する事も馴染みがない。また緊急用の大口径ゆえに当然勢いよく飛び出してくる。バルブは固く、力一杯開けると一発水玉を食らう。微調整も効かない。水源として確保できたとしてもいざその時、老若男女問わず列をなして持ち前の容器なりペットボトルなどに滞りなく水汲みできるだろうか?否。微調整は効かない、大口径ゆえに方向性も定まらない。意外に微調整こそ思わぬ方向に水が飛び出してくる。消火活動という側面からだけ考えるのではなく、災害ライフラインとしての水源確保を考えた場合、真冬の寒い日に水汲みひとつで濡れたくはない。寧ろ濡れてはならない。着替えは?靴は?タオルは?ハンカチは?当たり前のモノが当たり前にない災害時、Q援隊は簡単に嵌める事ができ、台所の蛇口と同じ器具から普通にひねれば水が出てくる。バルブを両手で力一杯回すことなく、小さな子供だってできることだ。

    地域のコミュニティにひとつあるだけできっと役立てるはず。
    清掃業界におけるマンション清掃のツールだけではない別の意味で

    なぜネーミングが「Q援隊」なのか。改めて発信の拡がりを期待したい。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode