失敗の本質

0

    名将山本五十六は、痺れを切らしたように軍令部の開戦決断に対し一言揶揄したと言う。確か次のようなことだったはずだ。
    軍令部は、強大な米国に宣戦布告するという大義には相応の確固たる決意と万全の態勢あってのこと故か。
    やるからには徹底して最大の戦力を投じ敵国に最大限の損傷を与える必要があり、そうなれば私は命に代えて成し遂げる覚悟がある。
    名将なればこその武勇を感じられる言葉だが、核心はこの戦闘に必要な資源がバックボーンとして前線の我々を支えうるに足るほど備えられているのか?という危惧にある。
    当時から膨大な石油消費をする艦船や戦闘機に必要な油田設備はなく、敵国からの輸入備蓄に頼っていたことは重大な課題であった。鉄鋼資源も満州に依存してもなお不足していた。銅も鉄も日本にはないに等しい。フィリピンや周辺国に侵略するのも石油という資源確保が最優先の理由だとされる。
    やればなんとかなるとも考えたのか、日本は悲惨な結末に落ちていった。
    理由がなんであれ、初めから勝てる戦ではなかった。 何もかも根底から破壊された日本は目覚しい戦後復興を遂げた。 しかし国家として自立しているとは言い難い。 果たして隣国が有事に入らんとする情勢下で
    人類は歴史から何を学んだだろうか。
    歴史は繰り返されるのではなく、愚かな人間がそれを繰り返す。 歴史はその結果に過ぎない。今まさに一触即発のさなか 常に大国は持て余すほどの軍事力で圧倒しねじ伏せる。その歪みはあとから噴出し、その痛みは小国だけが背負う。この図式は人間の法則のようだ。 失敗の本質は、人は歴史から学べないからなのかもしれない。余りにも世界は不均衡だ。
    北朝鮮有事の今日にて


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode