ものづくりの立場で

0
    絶えず進化しより優れていくものには真新しさなどない。そのプロセス自体が新しさだからだ。それは常に変化しなければいられない宿命を負う。とどまる事は実は悪なのかもしれない。疲弊し潰えてしまうまで絶え間なくそれは続き、スピードは加速し、緩める事を知らない。

    普遍的な製品は、真新しさなどもちろんない。だか決して古くはない。普遍的なものは時空を超越したところにある。生まれた時から新しくなくそれでいて滅びない。授けられた使命を負うからだ。

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode