戦争と平和

0
    文豪の小説タイトルだが、30年ぶりに読んだ「光りあるうちに光りの中を歩め」にシンクロした。
    パンフィリウスに対するユリウスと老人の問答の中に
    「…だのに君達は悪の外的結果と争っているばかりだ。君達は悪の根源にまで到達できないだろう。なぜというと君達は悪を追求しないし、それがどこにあるかもしれませんからね。」とあった。
    この書物の根幹がここにあり、
    繰り返される現代の戦争と平和もその言葉でえぐられているようだ。

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode