クーラー最高!

0

     

    わかっとる内のご主人
    助手席のクーラー最高
    運転よろしく
    わしは寝る


    忍耐

    0

      クリスマスおめでとう

      0


        12月25日初雪
        クリスマスおめでとう


        またしても

        0

          出勤途中
          また同じ道でワンコが轢かれていた
          以前のブログにも触れたがこの同じ道路で2匹目になる

          ヨークシャテリア
          午前7時23分
          東名高速道路の南側の側道
          東向き
          首輪なし
          つやのある手入れの生き届いた毛並み
          顔はかわいい 
          とてもかわいい

          舌を出したまま、ほとんど外傷はわからない
          見開いた目は白内障になっていたから老犬だろうか

          こんな小さな体なのにまだ温かい

          それは冷え込んだ朝の路面に逆らうかのようなかすかな命のともしびだった
          死後1時間もたっていないはずだ
          この側道は早朝でも抜け道として交通量はかなり増え続けている
          危険度が増している道路だ
          いつかは『人』に及ぶのではないか

          温めてあげられるものがなく
          安全な歩道の奥に移動して 
          たまたまちょうどおさまるくらいの段ボール箱を持っていたので
          そこにねかせ『待ってろよ』と、ひとこと

          愛知警察に情報提供

          ご家族に会う姿としてはむごいことはわかるが、
          きっとおそらく息絶える瞬間にこの子が最も強く願ったことは
          一目散に駆け抜けて向かったであろう
          パパかママか家族のところに違いないはず

          小型犬だからさほど距離は伸びていないはず
          探しているご家族は遠くはないと思う

          一日も早く家族のところに帰れるように
          家族の優しさの中で安らかに眠れるように
          心から願う







          コロ

          0

             アンタ誰?

            いやおまえこそ誰?


            近所の柴犬、コロ
            朝、ラルフの散歩をあそこから見送り15分
            帰ってくるまであのまま動かない
            背中に強い視線を感じながら
            振り返ると必ず目が合う

            戻ってきたらラルフと跳んではしゃいで遊ぶのを楽しみにしている。
            ときどき脱走して我が家の玄関をひっかいてラルフを呼ぶ
            内側からラルフもひっかいて呼ぶ
            相思相愛なんだな
            オス同士で


            換毛期のラルフ

            0
              http://www.youtube.com/watch?v=Rq9kR8EW1Q0
              http://www.youtube.com/watch?v=3-VaCn9MfLQ

              愛情豊かに育てられているラルフ

              そのつぶらな瞳の奥に

              今回の大震災で命を失った多くのワンコたちのことを思う

              野犬化したさまよえるワンコ達も少なくない

              人を見ると喜んで飛んで来るラブラドールの映像を見てすでに1カ月以上が過ぎている

              すっかり毛並みは荒れて汚れてしまっている

              おまえ達ははどうやって生きながらえているのか・・・・

              すべての動物達にこそ何もしてあげられない現実がある・・・・

              彼らはいかなる時もまっすぐに飼い主を愛し、見つめ続けてきたのに

              辛い現実だな・・・・


              動物保護のNGOは展開されているのだろうか・・・・


              まただ・・・・

              0
                 国道に差しかかる交差点で
                またしても柴犬が跳ねられていた
                よく出くわす・・・・かなわない、全く・・・・
                ついさっきだ。
                交差点が青になったのに
                2,3台動かなかったのが200メートルぐらい後ろを走る僕に見えたからだ

                交通量は多かったができるだけ脇に寄せ
                後続車に詫びを入れ
                その子を安全な場所に移動した
                体はまだ生きているのではと思うほど温かく
                外傷は全くなかった

                赤いスカーフに赤いハーネス
                名前は『アカリ』
                飼い主の名前も
                住所も電話番号も丁寧に書いてあった
                飼い主の愛情がうかがえる

                すぐに電話をかけ状況を伝えた
                真っ青な舌がはみ出ていたが
                生き返らないかと声をかけ続けた
                すぐに老夫婦が車でやってきた
                同時にたまたま通りかかった車が急に停まって
                無理に歩道に乗り上げ
                その車から若い女性がこちらに走り寄ってきて言った
                『どうしましたか?!』
                僕の『飼い主さんですか?』と同時に重なった
                彼女は獣医だった
                冷静に慣れた手つきで目や口を診た

                獣医は老夫婦に
                蘇生措置が無意味であることを伝えた

                『馬鹿だねあんたは・・・』
                ひざまづいて消え入る声で
                その子を優しくなでるおばあさん・・・・
                真っ赤な目で気丈にも僕に深々とお礼をした
                何度も何度も

                だが、すべては手遅れだ
                その子の責任はその老夫婦にある

                責めることはできない 
                当然だ
                僕は二度も愛犬を失っている
                目の前で車に轢かれた
                あの時もう少し注意してドアを開ければよかったのに
                無意味な叫びだ・・・・

                老夫婦の
                心をともすアカリはもういない

















                ちょっとつらくて

                0
                   昨日、運転中、路上で犬が轢かれているのを見つけた
                  たまらずハザードをたいて隅に寄せて近づいた

                  ちょうど飼い主の通報により捜索していたパトカーも重なり
                  情報を尋ねるとお巡りさんは教えてくれた
                  老犬 白内障 耳がほとんど聞こえない 突然怖がって走り出す
                  ビーグルとの雑種 14歳 首輪

                  まぎれもなくこの子だ

                  路肩から抱えて歩道の内側の枯れ草の上に移動した
                  まだ少し温みがあった

                  下半身の一部が轢かれ腹部が裂けていた
                  それでも20メートル以上は引きづって歩いた跡があった

                  空いたままの目を閉じてあげて飼い主が来るまで待っているように話しかけた
                  その後お巡りさんに託し
                  製作のため工場で独り仕事をしたが涙がとめどなくあふれて仕事にならなかったので
                  帰宅した

                  そして今日、降りしきる雪の中 別の県道で
                  歩道をとトボトボと青いリードひきづって歩く白いわんこを見た
                  そのわんこと二人ほど間を空けてすれ違う歩行者がいたが彼らは傘をしたまま
                  そのわんこに目もくれなかった
                  昨日よりもはるかに交通量の多い歩道で
                  そのわんこはラッパ型のフードを首に巻いていた 
                  治療中なんだ

                  転回もできない片側2車線のその道路でバックミラー越しに
                  消えゆくわんこの後ろ姿に耐えられず
                  交差点で右折し平行する裏通りを探しまわった
                  見つからなかった・・・・・

                  飼い主さん
                  ちゃんとリードを管理してあげてほしい
                  わんこといえど失った悲しみははかりしれないから

                  ちょっとかなりつらくて
                  ここに綴ってみたんだな










                  ラルフ

                  0

                     まだ8か所縫合したままになっているが元気になってきている。
                    違和感があるのか痛みがあるのかわからないが
                    散歩はかなりスローペース。
                    ただ相変わらずよそのワンコをみると
                    唸って近づこうとする悪い癖は前と変わっていない。
                    少しは勉強しろよと思うのだが、
                    元気になった証拠なんだなこれも。
                    この上に住むペコラと久しぶりに会ったが
                    ラルフは舞い上がって大喜びだった。
                    いずれにしても元気なんだな。
                    完全に女王ペコラにはしかとされてるんだが。


                    なんだか怒れる

                    0
                       ラルフがたまに散歩で会う大型犬に噛まれた
                      和室からわざわざ網戸を空けてその大型犬に突進したようだ。
                      どうしても他の犬を見ると吠えまくって近づく悪い癖が治らない。
                      誤解されやすいんだな、そんなことすると。
                      ただこの子は決して喧嘩を売りにいっているのではなく
                      興味本位で近づいてしっぽを振ってな舐め合ったりする子なのだ。

                      今回は相手がそうはいかなかった。
                      胴体をがっぽり2,3回噛まれて牙の形で皮膚が剥がれていた。
                      かなりひどくて・・・・手術して入院中。
                      家から飛び出したわけだしリードはもちろんつけていない。
                      引き違いの網戸を開けるなど今までにないことだった。

                      うーんなんだか怒れる。
                      飼い主はリードしていたのだしもうちょっとセーブできなかったのだろうかと。
                      でもここで自分の非も認めて守ってやれなかった責任を考えるべきなんだな。

                      とにかく傷口は痛々しいけれど明日退院してくるので早く会いたい。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode